Products

Stage Top Incubator

INUシリーズ

さまざまな特徴的な顕微鏡やピエゾステージ等に使用できる専用タイプの培養システムです。安定した温度管理でタイムラプスが可能です。

加温冷却対応、KRiシリーズ

特徴

フィードバック温度制御(Pat.P)

滅菌対応の温度センサーにより、検体温度をフィードバックしながら培養ができます。
最適な設定値を割り出し、検体にセンサーを入れずに、フィードバックをOFFの状態での培養もできます。

室温付近の温度管理

室温付近の温度管理が可能です。通常、室温付近の温度管理は、室温と設定温度との温度差が少ないためコントロールが難しいのですが、加温機能と冷却機能を両方持ち合わせたことにより、加温・冷却の切り替えスイッチ無しで室温付近の温度コントロールを自動で行うことができます。
※室温25℃±2℃の条件下での設定

永井 健治 先生(大阪大学 産業科学研究所)
検体温度を専用ソフト(Neco)により、外部出力可能な仕様も設定されています。
温度分布

加温時・冷却時共に均一な温度分布を可能にします。

加温時検体(37℃)
冷却時検体(20℃)
環境温度の外乱に対する評価

検体温度フィードバック式を採用する事により環境温度の外乱に強く、安定した温度環境を維持します。

外乱に対する評価(検体37℃)
※ 35mm ディッシュ、ディッシュ内(水:2ml)
外乱に対する評価(検体20℃)
※ 35mm ディッシュ、ディッシュ内(水:2ml)

Spec

トップヒーター ガラスヒータ
インターフェース 温度調節器
コントロール方法 手動 or PC
FB 制御 FB 制御あり
プログラム制御 プログラム制御なし
ヒーター制御方法 連続出力制御
温度制度 ± 0.1℃
制御周期 2.0s
CO2 制御範囲 5%固定
CO2 制御方法 自動制御
画像転送 ×
参考設定値 検体37℃、室温25℃、35mm dish のみ
PC 操作、ロギング
セット品番 セット品番なし
レンズヒーター マジックテープ
アタッチメント UNIV(ネジ固定)
容器固定方法 板ばね
チャンバー互換性 調整が必要
ガスチューブ シリコンチューブ
オプション GM8000 KS-Type1 KS-Type2
漏液感知システム MG-1
対応顕微鏡用ソフト Metamorpho

ThermoBox